分かりやすい説明をしてくれるい医師

病気や体調に優れない時には病院へ行き、医師の診察を受けることが一般的には行われますが、良い医師の選び方にはポイントがあります。その一つとしては、解りやすい説明を行なってくれる医師です。

最近はインフォームド・コンセントの重要性が叫ばれていることもあり、医師がこれから行う上での医療行為や治験を十分な説明を行い、患者が納得・同意した上で診療を行うことが一般的です。医師は医療に対する専門家でもありますが、患者目線での説明責任を十分に果たすことによって、患者さんの不安を除き、病気の症状を改善させたりすることが多い訳です。

またしっかりと説明を果たせない場合には、医療事故に繋がるケースも増えます。そして後からトラブルになるケースも多いことから、医師と患者の信頼関係を構築する上でも、解りやすい説明を行ってくれることが前提条件となるのです。

しかし患者の疑問を素直に解消してくれる医師は、なかなか居ないのが実情かもしれません。その理由としては、学問の専門分野は難解であること、それを解りやすく説明するのには実績や工夫等も必要だからです。

医師が解りやすい説明を行なうようになるためには、患者さんに納得するまで辛抱強く、誠意をもって応対し続ける経験が必要です。また口で説明するだけでなく、証拠や実例、図や統計等を最大限用いて、視覚的にも訴えかける工夫も当然、必要となります。

本当に良い医者は、そういった患者さんを納得させるための努力は惜しまない心がけを持っています。