相談しやすい医師

良い医師の選び方は相談しやすい医師を選ぶことです。検査結果だけが全てではないため、医師としても患者さんの口から症状や不安な点を聞き出したいと思っています。問診によって今まで見えてこなかった病名を診断することもできるため、患者側としても親身になって話を聞いてくれる医師を探した方が安心できます。

医師の中には話しにくい相手も居るはずです。愛想の良くない医師は見た目が怖く、言いたいことも言えなくなってしまうことがあります。かと言って、あまりにも愛想が良すぎるのも問題です。ヘラヘラしているようでは本当に信頼できる真面目な医師なのか、患者側としても疑問に感じてしまいます。

まずは病院を訪れてみて医師と対面し、話しやすい医師かどうか見極めることが大事です。話しにくい医師だと感じるのなら、次回は別の医師が居る日に訪れてみたり、思い切って病院を変えてみたりすることも必要です。かかりつけ医として探す場合には特にこの点が重要となります。