薬の種類の違い

医師選びはとても大事です。医師によって薬の出し方が違っていることがあるからです。大量に薬を出す医師もいれば、まずは様子見から始まり、症状の進行によって少しずつ薬を処方していくという医師もいます。やたらと薬を出すというのはあまり信用できません。薬漬けになってしまうからです。

また、薬の種類の違いによって、かえって症状が悪化してしまうこともあります。薬は万人に対応できるものではないからです。人によっては体に合わない薬もあることから、いろいろな薬を試してみないことには症状が改善しないということもあります。

別の薬をいくつか服用している人は、飲み合わせによっても症状が悪化してしまうことがあるので注意が必要です。もちろん医師だけではなく、薬剤師の意見も参考にしてみることが大事です。
薬の種類は豊富で最近はジェネリックなどの安価なものもあります。信頼できる医師や薬剤師の居る病院を選ぶことで、安心して服用できるはずです。