患者の話に対して聞く耳を持たない医師

医師選びにおいて、こんな医師は選ばないようにしたいのは、患者の話に対して聞く耳を持たない医師です。これは困ります。患者のほとんどが不安な気持ちを抱えて医師の元を訪れているはずです。そんな患者の話をきちんと聞いてくれないようでは、さらに患者の不安が大きくなってしまいます。体調もさらに悪化してしまうかもしれません。

医師としても最近の患者は事前にインターネットで病名をある程度は調べてきてしまうことから、診察がやりにくいと思えることもあります。しかし、それでも医師という立場から、きちんと対応することがプロの仕事です。患者が病名を先に言ってきたとしても、それが合っていようと間違っていようと、やんわりと説明ができるようにすることも必要です。

たまに、患者の不安な気持ちを逆なでするような態度を取る医師も居ます。小バカにするような態度の医師は選択しないことが無難です。一度、診察してもらって不快な気持ちになったら、次回は別の医師を選択することをお勧めします。